入出金がスムーズにできるiForex

ssdf674r7e8 アイフォレックスでは入出金にクレジットカードが使えるので非常に便利です。銀行送金では確実に一週間以上かかっていた処理がクレジットカードの利用により大幅に短縮できるからです。さらに手数料もかからず、クレジットカードによる入金はショッピング枠で処理されるので、金利の心配がありません。キャッシング枠がついていないクレジットカードでも問題なく入金ができます。ただ、ショッピング枠をリボ払いにしていると手数料がかかってしまいます。iForexへの入金にクレジットカードを使うときはリボ払いを解除しておいてもよいでしょう。

クレジットカードを使った出金に関しては制限もあります。クレジットカードを使った出金は、ショッピングのキャンセルによる返金を利用しています。つまり入金した以上の金額を出金することはできません。もし利益が出た場合は、クレジットカード以外の手段で出勤する必要があります。iForexでの出金では、まずクレジットカードでの出金処理が優先され、その後に他の送金手段による出金処理となります。

この出金の処理ですが、入金と出金が同じ締め日に処理されるならば、相殺されて口座からお金が引き落とされることはありません。しかし、入金後に締め日を跨いだあと出金すると、一度口座から入金ぶんが引き落とされて、翌月に返金で入金されるという処理となります。iForex内の出金手続きは3営業日ほど必要になるので、締め日の直前に出金手続きをすると締め日を跨いで入金と出金が違う月になってしまうので注意してください。

なおiForex内での出金処理が終了してからは、クレジットカード側の処理の反映にも時間がかかる場合があります。これはクレジットカードによってかなり差があるので、複数のカードをお持ちであれば処理が早いものを使ったほうが良いでしょう。

返金の反映が早い順番で並べると

・翌日
CITI BANKカード JNB-VISAカード

・3日以内
三菱東京UFJカード 新生銀行カード アメックス

・4日ほど
りそなVISAデビットカード

・7日ほど
CITI VISAカード 楽天VISAデビットカード スルガVISA

・30日
新生銀行VISAカード 楽天VISAカード イオンVISAカード セゾンMasterカード 楽天Masterカード

・90日
JACCS-VISAカード

となります。日本国内で普及しており、かつiForexでも利用できるものとしてはVISAカードが多いです。

iForexで利用できるクレジットカードはVISA、マスター、ダイナースクラブ、アメックスなので、手持ちのカードで一番処理が早そうなものを使ってください。また、日本国内でのシェアが高いJCBカードですが、iForexでは残念ながら対応していません。海外ではJCBが利用できるところがかなり少ないのでこれは仕方がないでしょう。

カードを持っていないという方は一枚持っておくことをオススメします。このリストのなかで比較的簡単に作れるカードは楽天VISAデビット、またはりそなVISAデビットカードです。こちらは信用力審査がないので誰にでも作れるカードです。審査の結果を気にする必要がないので気軽に申し込むことができます。ただしデビットカードなので口座に残高がなければ入金ができない点には気をつけてください。